「AMAカフェ」レポート

■サービスオフィスは「働く場」としてだけではなく、社会貢献やボランティアの場としても十分活用し、人のつながりと場の可能性を広げてくれます。そんなサービスオフィスの可能性をこちらのP&CSRで探っていきます! 

 

LEAGUEで行われたイベント、「AMAカフェ」のレポートを紹介します!

LEAGUEで行われたもうひとつのイベントは、7月28日に開催された「AMAカフェ」という一日限定カフェです。このイベントは、同じく海士町で岩本さんからご紹介頂いた(株)巡の輪の代表・阿部裕志さんが定期的に東京で開催しているもので、スタッフが海士町で出会ったその場で意気投合し、LEAGUEで開催する運びとなったそう。

名称未設定2

海士町の食材を使った料理などを通して海士町の魅力を伝え、島料理と共にそこに集まった人たちとの出会いを楽しむことができるイベントです。今回は特別に1万人のキャンドルナイトの呼びかけ人としても有名な環境ジャーナリストの枝廣淳子さんを迎え、トークセッションが行われました。イベントの後半は六本木農園の元グランシェフ・舘野真知子氏による、海士町の新鮮な食材を使用した素敵な料理の数々を囲んでの交流会となりました。LEAGUEコーディネイターの児島は「離島も銀座も地域は地域。特性は違っても、人とのつながり、地域活性など、共通する課題や可能性、問題意識や危機感はたくさんあると感じました」と、話していたそうです。

食を通じながら現地の人と島の魅力を語る。海士町の新鮮な食材を使い振る舞われた食はさぞかし美味しかったことでしょう!海士町と銀座。場所は遠いですが、このイベントを機にこれからも交流が行われると良いですね!

images

【海士町について】

島根県の北60キロ、日本海に 浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。

現在人口は約2300人。年間 に生まれる子ども約10人。人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と産業創出、人づくりによって今や日本で最も注目される島となる。

海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/
海士町の情報サイト http://oki-ama.org/