高校生に仕事の楽しさを伝えよう!〜「新しいテーマパークの企画会議」〜

サービスオフィスは「働く場」としてだけではなく、社会貢献やボランティアの場としても十分活用し、人のつながりと場の可能性を広げてくれます。そんなサービスオフィスの可能性をこれから探っていきたいと思います!

本日は8月3日、高校生に仕事の楽しさを伝えるコンテンツ「高校生しごとプロジェクト」の第1回をご紹介いたします!

実はLEAGUEではボランティア、社会貢献を通じて週末も活発に動いている社会人、学生を応援し、場所の提供をしているのご存知でしたか?

_

この第1回目ではLEAGUEで高校生15名と社会人8名で「新しいテーマパークの企画会議」と題し、農林漁業のしごと体験テーマパークを皆で考えました。お互い短い時間の中でたくさん議論し、最終的にはプレゼンを行い、企画書にまとめたそうです。

一部上場メーカーの若手社員の方々や、高校の先生、参加者のお母さんなど多彩な観覧者も集いながらのプロジェクト。大勢の大人を前に高校生は緊張したのではないでしょうか?

 ですが 初めての本格イベントだったにも関わらず、びっくりするぐらい全員打ち解けるのが早く、その社交力に大人達は感心したそうです!

IMG_4444

また、ディスカッションでは社会人にも臆せず、といってわがままにもならずとてもレベルの高いコミュニケーション力と感じ入り、何より社会人も認めるプレゼンのうまさは先行き楽しみな感じがした、とのこと!

 会終了後も社会人のイベント並みに、お互いに連絡先交換したり近況報告し、社交性がとても高かったそうで、結局開催時間を過ぎまで盛り上がりが続いたみたいですよ!

第2回目は9月下旬に「化粧品・トイレタリーの新商品開発」をテーマに開催予定だそう。次学生からどんなアイディアが生まれるのか楽しみですね。

_4

このプロジェクトではもちろん高校生が主体でしたが、参加していた大人たちもたくさん学び、今までにない刺激を受けたプロジェクトではなかったのではないでしょうか。未来の社会人を目の前に、危機感を感じつつ(笑)同時に一緒に仕事が出来ることをワクワクした!との主催者は言っていたみたいですよ。

 

ブログの写真を見ると、学生も、そして参加している社会人もみんなとても楽しそうですね!これからは学生と社会人のつながる場として、サービスオフィスを活用する時代になってもいいのではないでしょうか。

このプロジェクトでどんな発表を行ったのか気になる方は是非ブログをご覧ください。

 

http://k-nakagawa.blogspot.jp/2013/08/blog-post_9.html