La Cantine ~フランス初のコワーキングスペース~

images-3

フランスで初めてのコワーキングスペース、La Cantineを紹介します!

La Cantine がパリできたのは今から8年前のこと。それから今までデザイナー、建築家、編集者、といったフリーランスで働く人々、1万6千人あまりが利用をしています。

La Cantineの特色はワークショップ、討論会、講演会など年に400もの催しものがあることです。2008年にはフェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグの講演会も開かれました。他にも初心者には、1ヶ月に1回、仲間たちの前で自分のプロジェクトを発表することができる「ココット」という場もあります。

そして、何よりもユニークなのは実際に起業した人々には「キャンピング」というシステムをもうけていることです。「キャンピング」とは起業者が新事業企画をプレゼンテーションし、採用された場合、6ヶ月で起業から軌道に乗るまでの間、約40名の専門家のアシスタンスを受けることができるというシステムです!

ワークショップやキャンピングの機会をもうけることで、スペースの提供だけではなく、なによりもアイディアの交換が活発であることに注目し、フランスの大企業もスペースの利用を検討し始めているよう。それは経費節約のためだけではなく、毎日の通勤ラッシュで疲労した社員を労働させることの能率の悪さに対する対策でもあるそう。また、自社の社員がコワーキングスペースで他の職種の人々とのつながることにより、より成長するのではないか、と期待しているからです。

フランス初のコワーキングスペース、パリに行く方は是非、La Cantineによってみてはいかかでしょうか?

http://lacantine.org/