The Coworking Forecast 2014

Deskmag Global Coworking Surveyとは、コワーキングスペース、コワーカー、運営状況などを調べるためのアンケートです。現在の情報やトレンドだけではなく、これからの変化についてもはかることができるアンケート結果になっています。

本日は2014年のコワーキングについての記事を紹介致します。 今回deskmagではいくつかコワーカーとコワーキングスペース運営者にアンケートを実施しました。コワーキングブームは去年から少し下がってきた傾向にはありますが、2014年はちょっと変わった年になるかも知れないと、記事は書いています。

実は現在存在しているコワーキングスペースの60%が新たなコワーカーのために場所を広げると答えています。この3年で需要は増えていると言っていいほど働くスペースを広げるコワーキングスペースは増えていますが、需要が上がっているからもそうですが、新しい場所スペースを求め移動している人が多いからだそうです。 deskmagのアンケートから読み取る新たな働き方への変化にどうコワーキングが対応していくべきなのかを考えさせられる記事でした。

一つのアンケートでは世界中の利用者は働く空間だけではなく、 多くが交流の中で生まれるビジネスの発展を期待していると回答していました。常に刺激のある環境にいれるよう、一つの場所に留まらず転々とする方も多いそうです。 人脈が生まれやすい、刺激的な環境とはどんな所なのでしょう。コワーカーだけではなく、普段の生活でも求めている傾向があると感じています。今週の記事ではそんなニーズに答えている働く場の環境作りと秘訣を紹介したいと思います。